バツイチ子持ち・シングルマザーの再婚が難しいと言われる7つの理由!幸せになる秘訣も解説

バツイチ子持ち・シングルマザーの再婚が難しいと言われる7つの理由!幸せになる秘訣も解説

「バツイチ子持ちの再婚が難しい理由が知りたい」
「どうすれば幸せになれるんだろう」
「素敵なパートナーと出会いたい」

このような悩みを抱えていませんか?

近年では再婚が一般的になってきています。しかし、シングルマザーの場合は難易度が高くなるのも事実。

幸せをつかむためには、事前に理由と対策を把握しておくのが重要です。

そこで、この記事では以下の内容を詳しく解説していきます。

  • 再婚が難しいと言われる理由
  • 再婚で幸せになる秘訣
  • 再婚相手に出会う方法

記事を読めば、幸せな未来に一歩近づくはずです。ぜひこの記事を参考に、再婚活をスタートしてみてください!

なお、マッチングアプリ「マリッシュ」では、シングルマザーの再婚事例も複数報告されています。会員登録は無料なので、ぜひお気軽にお相手を探してみてくださいね!

 

 

バツイチ子持ち・シングルマザーの再婚が難しいと言われる7つの理由

バツイチ子持ち・シングルマザーの再婚が難しいと言われる理由は、主に以下の7つです。

  1. 恋愛愛をする時間がない
  2. 恋愛対象として見られない
  3. 子どもと再婚相手の関係が不安
  4. お互いに連れ子がいると関係性に悩む
  5. 周囲から反対されやすい
  6. 結婚にトラウマを抱えている
  7. 元夫との関係が断ち切れない

自身の状況を整理するためにも、当てはまるものがあるか確認してみてください。

1.恋愛をする時間がない

シングルマザーの生活は、毎日が慌ただしいです。ひとりで育児と仕事を両立し、家族を守っていくのは簡単なことではありません。

特に子どもがまだ幼い場合、自分の時間はほとんど取れないでしょう。美容室に行けなかったり、化粧にも時間をかけられなかったりするシングルマザーも少なくありません。

日々の生活に追われているので、恋愛をする時間を作るのは困難です。

2.恋愛対象として見られない

シングルマザーを恋愛対象として見られない男性は、一定数います。血のつながらない子どもの親になるプレッシャーや、経済的な負担が大きくなるのが理由のようです。

お互いに好意があっても、子どもがいるとわかると交際に発展しないケースは珍しくありません。

交際相手の選択肢が絞られるので、シングルマザーの再婚は難しいと言われます。

3.子どもと再婚相手の関係が不安

シングルマザーが再婚で最も気になるのは、子どもへの影響です。自分が好きな相手でも、子どもとの関係がうまくいくとは限りません。

子どもは大人以上に、環境の変化に敏感です。家庭環境が変わるストレスから、精神的に不安定になる危険性もあります。また、再婚相手による虐待も懸念点です。

子どもと再婚相手の関係が不安で、再婚に向けた一歩を踏み出せないシングルマザーは少なくありません。

4.お互いに連れ子がいると関係性に悩む

お互いに連れ子がいると、関係性はより複雑になります。子どもたちを平等に愛せるか・子ども同士が仲良くできるのかなど、不安材料が増えるためです。

子どもがまだ幼い場合、兄弟が増えることを喜んでくれるかもしれません。しかし、思春期の場合は馴染めずに反発し合う可能性も考えられます。

お互いに連れ子がいると、再婚のハードルはさらに高くなります。

5.周囲から反対されやすい

シングルマザーの再婚では、親や友人から反対されやすいです。幸せを願っているからこそ、簡単には認められないようです。

自分の親であっても「また離婚するのではないか」「孫が傷付くのでは」と、心配するあまり反対をされてしまいます。

また、相手の親から反対されるケースもあります。特に相手の男性が初婚の場合に多いです。

周囲から反対されやすいのは、シングルマザーが再婚をする障害になっています。

6.結婚にトラウマを抱えている

離婚の原因によっては、結婚生活がトラウマになっていることもあります。

例えば、離婚原因が以下のような場合です。

  • DVをされていた
  • モラハラを受けていた
  • 束縛が激しかった
  • 不倫をされた

心の傷は簡単に癒せるものではありません。子どもや将来を考えると再婚をしたいけど、トラウマに悩んでいるシングルマザーは珍しくないです。

7.元夫との関係が断ち切れない

離婚をした後も、元夫と子どもが定期的に面会をしていることも多いはずです。しかし、再婚すると子どもは実の父親と気軽に会えなくなってしまいます

子どもがまだ事情を理解できない年齢の場合、ショックは大きいでしょう。

子どもの気持ちを考えると、元夫との関係を簡単には断ち切れないシングルマザーも少なくありません。元夫の存在が、障害の1つになっています。

再婚が難しいと言われるバツイチ子持ち・シングルマザーが幸せになる7つの秘訣

バツイチ子持ち・シングルマザーが再婚で幸せになるには、7つの秘訣があります。

  1. 離婚経験をプラスに変える
  2. 理想を求めすぎない
  3. 相手の人柄を見極める
  4. 元夫と比較しない
  5. 子どもの気持ちを大事にする
  6. いきなり親子関係を求めない
  7. 周囲からの理解を得る努力をする

ぜひ参考にして、これからの再婚活に役立ててください。

1.離婚経験をプラスに変える

離婚を経験したからこそ、成長できる部分があるはずです。つらい思い出で終わらせるのではなく、成長のきっかけにしてください。

以前の結婚生活を振り返ると、意見を押し付けすぎた・感謝の気持ちが足りなかったなどの反省点が見つかるでしょう。改善すれば、同じ失敗を繰り返すリスクを回避できます。

離婚は人生経験の1つとして、プラスに変えることが幸せな再婚への近道です。

2.理想を求めすぎない

再婚相手に理想を求めすぎると、出会いのチャンスが減ってしまいます。本当に譲れない条件だけに絞り、優先順位を決めましょう。

子どもの将来を考えると、年収の高い男性を求めるシングルマザーも少なくないはずです。しかし、高収入の男性があなたを選ぶとは限りません。

あまり理想を求めすぎず、視野を広げるのが再婚に成功する秘訣です。

シングルマザーの再婚相手選びに大切な条件は、関連記事「シングルマザーの再婚は相手選びが重要!確認すべき6つの条件を紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

3.相手の人柄を見極める

幸せな再婚は、相手の人柄を見極められるか次第と言っても過言ではありません。

結婚生活には、さまざまな苦労があります。乗り越えるためにはお互いに歩み寄り、支え合える夫婦の信頼関係が必須です。

人柄を見極めるためには、再婚前の同棲を推奨します。素の自分を見せ合うことになるので、性格や価値観をより深く知れます。

再婚後の不安を解消するためにも、しっかりと相手の人柄を見極めてください。

4.元夫と比較しない

どのような場面でも、再婚相手と元夫を比較しないように気をつけてください。

誰でも他人と比較されるのは嫌ですし、対象が元夫ならなおさら気分を悪くします。その結果、夫婦間での余計な衝突が増えるでしょう。

また、子どもがあなたの真似をして、比較してしまうかもしれません。

離婚した相手と比べるのではなく、これから共に歩むパートナーと向き合うのが秘訣の1つです。

5.子どもの気持ちを大事にする

シングルマザーの再婚で優先すべきは、子どもの気持ちです。子どもが受け入れていないのであれば、幸せな再婚ではありません

子どもは大人よりも、気持ちの整理に時間がかかるものです。幼い場合は、思っていることをうまく言葉にできません。

平気そうに見える場合でも、たくさんの不安を抱えているはずです。注意深く観察して、ストレスのケアを徹底してください。

再婚は子どもの人生に大きく影響します。大人だけの都合で話を進めるのではなく、子どもの気持ちも大事にしましょう。

6.いきなり親子関係を求めない

いきなり親子関係を求めると、子どもにも再婚相手にもプレッシャーを与えてしまいます。ゆっくりと時間をかけて、次第に関係が構築できればいいという余裕を持ってください。

例えば、子どもに「パパ」「お父さん」ではなく、ニックネームで呼ばせるのも方法の1つです。友だちや相談相手のような関係から始めることで、距離を縮めやすくなります。

いきなり親子関係を求めず、それぞれが気持ちよく暮らせる距離感を目指しましょう。

7.周囲からの理解を得る努力をする

周囲から再婚を反対された場合、強引に押し切るのは得策ではありません育児や金銭面でのサポートが受けられず、負担が大きくなってしまいます。

夫婦間の関係が悪くなり、最悪の場合は再度の離婚につながる危険性もあります。

夫婦で協力して、周囲からの理解を得る努力をしてください。例えば、再婚相手と子どもが仲良くしている写真を送る、実家に遊びに行く機会を増やすなどです。

周囲から応援してもらうことで、より幸せな結婚生活が送れるようになります。

「再婚は難しい」と悩むバツイチ子持ち・シングルマザーが相手を探す方法3選

こちらでは、バツイチ子持ち・シングルマザーが相手を探す方法を厳選して3つ紹介します。

  1. マッチングアプリに登録する
  2. 結婚相談所に入会する
  3. 婚活パーティーに参加する

それぞれの特徴を確認して、自分に合った方法を選んでみてください。

1.マッチングアプリに登録する

「恋愛をする時間がない」と悩むシングルマザーにうってつけの方法が、マッチングアプリです。時間や場所に縛られず相手を探せるので、仕事の休憩中や子どもが寝てからでも再婚活ができます。

また、女性は無料のアプリが多いのも嬉しいメリットです。再婚活に費用をかけたくないシングルマザーでも、安心して利用できます。

マッチングアプリを選ぶポイントについては、関連記事「再婚相手を探すならマッチングアプリ・サイトがおすすめ!選ぶポイントや出会うコツも解説」にて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

2.結婚相談所に入会する

自分に合う相手選びをプロに任せたいのであれば、結婚相談所がおすすめです。

詳細なプロフィールを参考に、あなたの希望に合う人をコンシェルジュが紹介してくれます。離婚歴や子連れにも理解のある相手と出会えるでしょう。

ただし、入会金など高額な費用がかかるので注意が必要です。質の高いサービスが期待できますが、経済的に余裕のない人にはハードルが高い方法だと言えます。

3.婚活パーティーに参加する

会ってから相手の雰囲気や相性を確認したいのであれば、婚活パーティーに参加してみてください。シングルマザー限定や、子連れでの参加OKのパーティーも開催されています。

しかし、理想の相手に出会えるかは運の要素が大きいです。何度も参加すると費用がかかりますし、子どもの負担も大きくなります。

シングルマザーがメインの婚活方法にするのは難しいかもしれません。

「再婚は難しい」と悩むバツイチ子持ち・シングルマザーには応援制度があるマリッシュが最適!

シングルマザーの再婚は子どもがいない場合に比べて課題が増えますが、あきらめる必要はありません。記事で解説した理由と対策を参考にして、再婚活に取り組んでみてくださいね!

なお、これから相手を探したいのでしたら、マッチングアプリマリッシュが最適です。再婚活に特化しているので、シングルマザーにも理解のある男性会員が大勢います。

また、マリッシュではシングルマザーの再婚を応援しています

特典の1つとして、毎月先着940名に所得保障保険をプレゼントするキャンペーンを実施しています。一定期間、保険料の負担がなく第一生命の所得補償保険を利用できるので、節約をしながら再婚活が可能です。

子どもと一緒に幸せになれる相手を見つけるためにも、まずはお気軽に会員登録をしてみてください!